女性と政治キャンペーンIN広島のブログです。


by joseiseiji

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3月8日は「国際女性デー」です。

世界で、女性の権利獲得の過去を祝い、女性の未来について語り合う日です。アイスランドでは、かつてこの日の集いで、女性党が生まれ、女性大統領誕生につながりました。ノルウェーでは、毎年、この日に新しい女性政策が披露されます。

 その前日の夕方、「女性と政治キャンペーンIN広島」と「生存のためのメーデー実行委員会IN広島」などの主催で、広島市中心部の原爆ドーム前などで「なくそう貧困、進めよう女性参画」を訴え、街頭宣伝を実施しました。

  「日本の男女平等度は、世界130か国中98位、大相撲で言えば序二段68枚目に相当する」という内容のビラと翌3月8日に開催される、反貧困ネットワーク広島による生活相談会、3月9日に全国いっせいに開催される日弁連主催の電話相談の告知のビラを重ねて、通行する市民に配布しました。

  山口県から駆けつけた女性は、「今の社会は持続不可能になっている。女性が結婚したい、子どもを産みたいという社会ではなくなってしまった。子育てや介護、教育、食料などの問題が軽視されてきた。」「それは、男性中心に意思決定が偏っているからだ」と指摘、「もっともっと、女性を意思決定の場に。国や自治体などの行政も、女性の意思決定参画を増やすよう努力を」と、訴えました。


http://www.youtube.com/watch?v=haN3xpzsl2c

 広島市内の30代男性は、「今年は総選挙、県知事選挙がある。女性、若者など、特に弱い立場の人が暮らしやすい社会はよい社会。弱い立場の人に配慮できる人に一票を。」などと訴えました。

 日本の女性議員比率は衆議院でわずかに9.4%。広島県議会でも定数66人中女性はわずか5名。知事、副知事はじめ、幹部職員も95%近くが男性です。

 こういう状況の中で知事サイドが、県議にお金をばら撒いたとされる県政最大の汚点ともいえる「対策費問題」もうやむやにされたのです。

 あるいは、子育てや介護と仕事の両立は依然難しい。現在でも、出産で退職する女性は7割に達しています。その後は派遣やパートしか働き口がない状態はまだ続いています。

 不況を背景に、県内でもシングルマザーの窮状が深刻化しており、行政からの貸付金返済の滞納増加もおきている。ところが、それに対して、行政は「取り立て強化」で応えてしまう。

 さらにこの不況の中で、いよいよ、男性にまで、「やり直しがしにくい」社会が襲い掛かかっています。

 一方で、広島、尾道、福山などで街づくりボランティアで活躍している人は、実はむしろ女性のほうが多いくらいと感じています。もっと、議会にも理事者(幹部職員)にも、そうした女性が入ったほうが、いい地域づくりができるのに、現状は、男性ばかりで公職を占拠しており、もったいないことです。

 このような状況を打破するため「女性と政治キャンペーンIN広島」では、「生存のためのメーデー実行委員会IN広島」とも連携しながら、「なくそう貧困、進めよう女性参画」「女と男でチェンジ広島」を合言葉に、活動を今後とも進めていく予定です。

具体的には
1、貧困がない、やり直しができる社会へ、介護、医療、育児、雇用などの安全網の強化
2、女性の意思決定参画を飛躍的に増大させるための仕組みづくり

を中心に、行政、政党、政治家などへの政策提言を行っていきたいとおもいます。それとともに、今年かならずある総選挙、11月の広島県知事選挙もにらみながら、1,2のことを中心に街頭宣伝、交流会を県内全市町で行いたいと思います。

次は、「日本は序二段68枚目」ということにひっかけて、大相撲春場所が行われる大阪で同様の趣旨の街頭宣伝を行います。

3月14日(土) 11時ころから 大阪府立体育館前(大相撲春場所会場前)
[PR]
by joseiseiji | 2009-03-08 09:51 | 活動報告
反貧困ネットワーク広島


【日 時】 2009年3月8日(日)10:30~15:30

【場 所】 広島市社会福祉センター1階、及び2階会議室
        (広島市中区千田町1-9-43)
http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/www/contents/1019816068428/index.html
http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/www/contents/1019816068428/simple/080318151507_2.gif

 市役所からまっすぐ南へ歩いて下さい。消防署の向かいです。

【内 容】
 生活相談~社会福祉士や弁護士など専門家が面談および電話により相談に応じます(相談料は無料)

【電 話】 090-4890-1579
 当日は、路上生活をされているみなさまに、暖かい昼食を食べていただくとともに、相談会やお楽しみ会としても開催されている「"春よ来い" 昼食交流会」(主催:社団法人広島県社会福祉士会)が開催されています。私たち「反貧困ネットワーク広島」は、この協力団体として参画し、生活相談コーナーも設けています。

【主 催】 反貧困ネットワーク広島
        (問い合わせ連絡先 082-227-8181)
 反貧困ネットワーク広島3/8(日)生活相談会(PDF)



[PR]
by joseiseiji | 2009-03-07 14:56 | 女性と貧困